活動紹介

〜 0・1・2歳 〜

 

乳児組は1階の保育室です。

乳児専用の園庭でのんびり、広い園庭でダイナミックに。天気の良い日はたくさん外に出て体を動かして遊んでいます。

園庭はもちろん、散歩にも出かけ身近な自然に触れ、楽しむことも多いです。

担当制保育により同じ保育士が生活面の援助を行い、愛着関係のもと安心して過ごします。

 

 

0歳児 ひよこぐみ・・・一人ひとり、子どもの生活リズムを大切にし、食欲、睡眠、排泄等の生理的欲求、甘え等の依存的欲求を満たし、情緒の安定を図ります。 保育室は成長に合わせて、遊びのコーナーを狭く作ったり、広く作ったりしのびのびと遊べるように工夫し、月齢にあった玩具や、手作りおもちゃ等気に入った遊びを楽しみます。恵まれた自然環境の中、散歩に出かける機会を多く持っています。見て触れて感じたこと等五感の発達を促すとともに、外を歩く中で大人が感じたり見たりしたものを、言葉がけによって子ども達と共有し、コミュニケーションの基礎を築いていきます。

 

1歳児 りすぐみ・・・担当制保育の中、月齢にあった関わりをすることで情緒が安定し、生活に必要な習慣を身に付けていけるようにしています。いろいろな遊びの中で、“歩く”“走る”“登る”“這う”などの全身を使って動くことで、運動機能の発達を促していきます。手先の細かい動きも発達し一人で集中して遊び込むことが多くなります。自我が強く出るこの時期は、遊びの中で、子ども同士がぶつかり合うことが増えトラブルが多くなります。お互いの思いを受け止めつつ、子どもの気持ちを代弁しながらお友だちとの関わりが作れるようにしています。

 

2歳児 こぐまぐみ・・・2歳児は、好奇心旺盛で、どんなことにも興味をもてる年齢です。新しい取り組みも毎日の繰り返しでこのような気持ちを持てるようになり、少しずつ自分のでできることが増えていきます。一人遊びから、少しずつ友だちとの関わりが増えていきます。友だちとの関わりを喜ぶ反面、自我も強くなってくるので、トラブルになってしまうことも多くあります。そんなトラブルも経験しながら、友だちの良さを学んでいきます。ごっこ遊び、指先の遊び、全身を動かす遊び等を楽しみます。

〜 3・4・5歳 〜

 

幼児組は2階の保育室です。

遊びや生活、食事を異年齢で過ごし思いやりの気持ちやひとりひとりの自信も自然と育まれます。クラスごとの活動の時間も大切にし、いろいろな友だちと関わります。

保育室にあるおもちゃはひとりひとりの発達に大切なもので、自分で選んで決め、指先・手先を使った遊びに集中して取り組みます。天気の良い日は園庭や散歩へ出かけます。

昼寝は4歳児後半から個々に応じてとなり、5歳児は行いません。お子様の生活リズムにより希望する方はご相談ください。

 

 

3歳児 うさぎぐみ・・・周りの子どもに興味をもち、大人との関係から子ども同士の関係に広がっていきます。友だちと関わることの楽しさを知る一方で「いれて」「だめよ」といったやり取りを経験し戸惑いや葛藤を繰り返していきます。友だちと遊んでいるように見えても、そばでみているとまだまだひとり遊びの世界が中心の時期でもあります。ひとりひとりのペースで友だち関係ができはじめていきます。生活では、自分のできることに喜びを感じながら、生活に必要な基本的生活習慣を、次第に身につけていきます。

 

4歳児 きりんぐみ・・・自分中心から友だちの思いにも気づくようになっていきます。「~だけど~だから、~する!」というように自分の気持ちを抑えてがまんをしたり、譲ったりすることもできるようになります。抑えきれずトラブルになる事もありますが、繰り返しのなかで優しい気持ちに気がついていきます。その中で自分の良さにも気づき、安心できる環境の中で思いを表現していきます。生活では、自分のできることの範囲を広げながら、毎日の繰り返しの生活の中で生活に必要な基本的生活習慣や態度を身につけます。

 

5歳児 ぞうぐみ・・・集団を意識するようになり友だちの良さに気づいていきます。「みんなといっしょ!」「そうだね、わかるよ!」と、友だちの気持ちを理解し周りから見た自分の姿も意識するようになります。間違えたら恥ずかしい、友だちにも認めてもらいたいなど、葛藤を繰り返し安定した関係を築いていきます。仲間意識ができ、友だちの気持ちも大切にするようになってくると、自分たちで役割分担をして同じ目標に向かって活動していきます。遊びにも広がりができていきます。自分たちでルールを決めたり、どうしたらいいのか考えていきます。年長児として下の年齢の子に対して優しくする姿も見られます。生活習慣は安定し身につき、自分で考え行動していくようになっていきます。小学校へ向け少しずつ自分で考えて自信を持って生活ができるようにしていきます。